不動産投資は戸建てに

先の見えない時代になっていますが、老後を幸せなものにする良い方法として不動産投資が考えられます。不動産投資の中で特にお勧めなのが戸建て賃貸への不動産投資です。不動産投資の方法としては、土地活用(駐車場など)やアパートやマンションへの投資も考えられるのですが、一番効率の良い方法が戸建てへの不動産投資といえます。戸建てへの投資のメリットは、入居期間が長いことが挙げられます。

アパートやマンションなどの場合には、人の動きが激しいので、下手をすると誰も入居しないという期間が出来てしまいます。誰も入居しない状態は家賃収入がないことになりますので、大きな損失になってしまいます。戸建てであればいったん借り手が見つかれば多くの場合において半永久的に借りた状態になりますので、安定した家賃収入を見込むことが可能になってきます。

また、戸建ての場合には駅から離れた場所であっても借り手がつきやすいというメリットもありますので、アクセスの悪い場所にある土地を有効利用することも可能になってきます。駅から離れた場所にアパートやマンションを作ってしまうと、ほとんど借り手がつかないというケースも多くなってしまうので注意が必要です。駐車場としての利用も同様にアクセスの悪い場所には適しません。また、複雑な形状をした土地であっても戸建てであれば、その形に合わせて家を作ることが可能となりますが、アパートやマンションですとデッドスペースが出来てしまい有効に使うことが出来なくなってしまいます。