不動産投資の前に

戸建てへの不動産投資を行う前に抑えておきたい点もあります。戸建てへの入居者が決まれば確かに家賃収入がみこめますので、大きなプラスにはなります。しかしながら、オーナーとしての責任を同時に果たして行くことも必要であることを認識しておかなくてはなりません。

戸建てへの入居者変わる場合には、家主はリフォームの費用を捻出する必要がでてきます。アパートやマンションとは異なり家ごとのリフォームになりますので、その費用はかなり高額なものになります。戸建てに庭がある場合には庭のメインテナンスの費用も家主の負担になります。家の周囲の雑草の手入れなども家主の責任で行うことが必要です。

また、戸建ての隣人とのトラブルも家主としての対応が必要になってきます。また、借り手がつかない状態に陥ってしまうと、家主は戸建てのメインテナンス費用のみを負担することになります。特に人の住んでいない状態の戸建ては痛みやすいのでメインテナンス費用が馬鹿になりません。

以上のような家主としての責務をあらかじめ認識しておくことが必要です。このような責務から解放されるために、手数料を払って管理会社に戸建てのメインテナンスを委託するという方法もあります。