土地への不動産投資

戸建への不動産投資を考えるときに、本人が土地を所有しているかどうかということはとても大事なポイントになってきます。新たに土地を購入してそこに戸建てを立てて、賃貸をする場合には、投資が莫大なものになってしまい、収入によってプラスの収益をあげられるようになるまでに多くの期間を要することになってしまいます。

たとえば、親から土地を相続してそれを有効に利用したい場合や、比較的自宅から離れた場所にある空き地を有効に利用したい場合、アパートやマンションの建築には不向きな形状の土地を有している場合には戸建への不動産投資は大きな意味を持ってくることになります。また、実際に空き地に戸建てを作って実際に入居者が見込めるかについてもビジョンをもっておくことが必要になります。予想外に人が入らないという状態になってしまうと、投資と戸建ての維持費に費用を費やすだけになってしまいます。

不動産投資の際に賃貸のトラブルは避けたいものです。自分ですべてを経営する方法もありますが、賃貸の部分については不動産屋さんにお願いしてトラブルを避けるという賢い方法も考えられます。手数料を差し引いた家賃収入だけを毎月手にすることができるのでとても快適といえます。