中古への不動産投資

戸建てへの不動産投資は多くのメリットがありますが、戸建てであれば何でもいいわけではありません。中古物件への投資はデメリットもありますので、控えるほうが無難であるといえます。なぜ中古物件への投資はお勧めではないかというと、新築物件よりも家屋が老朽化しているために維持費が多く必要になってしまうからです。

シロアリ被害の可能性も考えられますし、基礎部分に大きなダメージがあることも考えられます、更には床の落ち込みがあり貸せる状態ではないかもしれません。また、配管の老朽化によって水回りのトラブルに見舞われてしまうことも考えなくてはなりません。万が一、家のリフォームをしなければ、貸せないようなことになってしまうと、大きな損失になってしまいます。リフォームの間は家を人に貸せない状態になってしまいますので、赤字ということになってしまいます。

戸建への不動産投資を考える場合に、立地の良い中古物件を敢えて購入して、それをリフォームして賃貸経営を行うという方法も考えられます。立地の良さがこの場合には武器になり、リフォーム後は非常に良い条件で人に家を貸すことが可能になり、全体としては大きな利益を上げることが可能になってきます。