不動産投資の前に

戸建てへの不動産投資を行う前に抑えておきたい点もあります。戸建てへの入居者が決まれば確かに家賃収入がみこめますので、大きなプラスにはなります。しかしながら、オーナーとしての責任を同時に果たして行くことも必要であることを認識しておかなくてはなりません。

戸建てへの入居者変わる場合には、家主はリフォームの費用を捻出する必要がでてきます。アパートやマンションとは異なり家ごとのリフォームになりますので、その費用はかなり高額なものになります。戸建てに庭がある場合には庭のメインテナンスの費用も家主の負担になります。家の周囲の雑草の手入れなども家主の責任で行うことが必要です。

また、戸建ての隣人とのトラブルも家主としての対応が必要になってきます。また、借り手がつかない状態に陥ってしまうと、家主は戸建てのメインテナンス費用のみを負担することになります。特に人の住んでいない状態の戸建ては痛みやすいのでメインテナンス費用が馬鹿になりません。

以上のような家主としての責務をあらかじめ認識しておくことが必要です。このような責務から解放されるために、手数料を払って管理会社に戸建てのメインテナンスを委託するという方法もあります。

土地への不動産投資

戸建への不動産投資を考えるときに、本人が土地を所有しているかどうかということはとても大事なポイントになってきます。新たに土地を購入してそこに戸建てを立てて、賃貸をする場合には、投資が莫大なものになってしまい、収入によってプラスの収益をあげられるようになるまでに多くの期間を要することになってしまいます。

たとえば、親から土地を相続してそれを有効に利用したい場合や、比較的自宅から離れた場所にある空き地を有効に利用したい場合、アパートやマンションの建築には不向きな形状の土地を有している場合には戸建への不動産投資は大きな意味を持ってくることになります。また、実際に空き地に戸建てを作って実際に入居者が見込めるかについてもビジョンをもっておくことが必要になります。予想外に人が入らないという状態になってしまうと、投資と戸建ての維持費に費用を費やすだけになってしまいます。

不動産投資の際に賃貸のトラブルは避けたいものです。自分ですべてを経営する方法もありますが、賃貸の部分については不動産屋さんにお願いしてトラブルを避けるという賢い方法も考えられます。手数料を差し引いた家賃収入だけを毎月手にすることができるのでとても快適といえます。

中古への不動産投資

戸建てへの不動産投資は多くのメリットがありますが、戸建てであれば何でもいいわけではありません。中古物件への投資はデメリットもありますので、控えるほうが無難であるといえます。なぜ中古物件への投資はお勧めではないかというと、新築物件よりも家屋が老朽化しているために維持費が多く必要になってしまうからです。

シロアリ被害の可能性も考えられますし、基礎部分に大きなダメージがあることも考えられます、更には床の落ち込みがあり貸せる状態ではないかもしれません。また、配管の老朽化によって水回りのトラブルに見舞われてしまうことも考えなくてはなりません。万が一、家のリフォームをしなければ、貸せないようなことになってしまうと、大きな損失になってしまいます。リフォームの間は家を人に貸せない状態になってしまいますので、赤字ということになってしまいます。

戸建への不動産投資を考える場合に、立地の良い中古物件を敢えて購入して、それをリフォームして賃貸経営を行うという方法も考えられます。立地の良さがこの場合には武器になり、リフォーム後は非常に良い条件で人に家を貸すことが可能になり、全体としては大きな利益を上げることが可能になってきます。

不動産投資は戸建てに

先の見えない時代になっていますが、老後を幸せなものにする良い方法として不動産投資が考えられます。不動産投資の中で特にお勧めなのが戸建て賃貸への不動産投資です。不動産投資の方法としては、土地活用(駐車場など)やアパートやマンションへの投資も考えられるのですが、一番効率の良い方法が戸建てへの不動産投資といえます。戸建てへの投資のメリットは、入居期間が長いことが挙げられます。

アパートやマンションなどの場合には、人の動きが激しいので、下手をすると誰も入居しないという期間が出来てしまいます。誰も入居しない状態は家賃収入がないことになりますので、大きな損失になってしまいます。戸建てであればいったん借り手が見つかれば多くの場合において半永久的に借りた状態になりますので、安定した家賃収入を見込むことが可能になってきます。

また、戸建ての場合には駅から離れた場所であっても借り手がつきやすいというメリットもありますので、アクセスの悪い場所にある土地を有効利用することも可能になってきます。駅から離れた場所にアパートやマンションを作ってしまうと、ほとんど借り手がつかないというケースも多くなってしまうので注意が必要です。駐車場としての利用も同様にアクセスの悪い場所には適しません。また、複雑な形状をした土地であっても戸建てであれば、その形に合わせて家を作ることが可能となりますが、アパートやマンションですとデッドスペースが出来てしまい有効に使うことが出来なくなってしまいます。